【富士住建】建築費用を大公開!35坪の家の坪単価は?

我が家は2019年に富士住建で契約をし、2021年に引き渡しとなりました。今回の記事では気になる建築費用・坪単価を公開します。

この記事でわかること
  • 総額22,797,121円(税込)
  • 坪単価は65万円

  • 諸費用を除くと60万円

2022年10月現在、ウッドショックや情勢不安から値上げが重なりこの金額で建築することが不可能となってしまいました…。我が家の参考資料として残してはおきますが、あくまで参考までにお願いします。

目次

家のスペック:35坪2階建て

まず簡単に我が家のスペックを紹介します。

  • 35坪2階建て
  • 70坪の土地(住宅街)
  • 上下水道引き込み済み

よくある普通の2階建ての家です。

家を建築する際に上下水道が引き込まれていなければ、数百万単位の工事が必要になります。我が家の場合は上下水道も引き込み済みの土地なので浄化槽設置などの工事も必要ありませんでした

▼詳しくはWEB内覧会をご覧ください▼

建築費用 合計2,279万円 坪単価65万円

合計金額(富士住建への支払総額)は22,797,121円(税込)でした。

はじめに総額を簡単に説明すると、

①建物代金17,135,025円
②オプション代2,217,432円
③諸費用1,372,200円
①+②+③20,724,657円
税込金額22,797,121円
①②③に消費税は含めない

我が家は延床面積が35坪なので坪単価は65万円という計算になります。

諸費用を含めなければ60万円です。

オプションが盛りだくさんなので坪単価もなかなか上がりましたね。

この中に含めていない金額は以下の通りです。

  • 土地代(1,000万円)
  • 外構費用(204万円)
  • 行政書士さんへ支払った登記代(24万円)
  • 火災保険料(21万円)
  • 住宅ローン諸費用(14万円)

全て合わせると3578万円です!

今回はあくまで「建物にまつわる金額」をご紹介します。

▽その他の費用に関してはこちら▽

建物代金 1713万円

富士住建は基本の坪単価が決まっており、建築面積が増えるほど基本の坪単価は下がります

我が家は35.25坪なので基本の坪単価486,100円でした。合計で17,135,025円(税抜)です。

我が家は省令準耐火構造なので坪単価は少しお高めです。

省令準耐火構造とは一般の木造住宅より耐火性が高く、火事に強い住宅のことです。

坪単価は1万円弱上がりますが、火災保険料が安くなるメリットがあります。

通常は打ち合わせ前に省令準耐火構造にするかどうか確認されますので、担当の方に伝えれば大丈夫です。

オプション料金 221万円

オプション代は 2,217,432円 (税抜)でした。

我が家はかなりオプションを盛りだくさんにつけました。すべてを載せるのはとんでもない量なので省きますが、高い順で5つ載せると

エコキュート299,600円
掘りごたつ264,580円
琉球畳127,940円
テレビアンテナ124,620円
玄関ポーチタイル101,774円

う~ん!上位5つだけでもなかなかの金額ですね。

ちなみに我が家はBOSCH食洗機を施主支給しましたが、その金額(36万円)は含めていません。

やってよかったオプションはこちら

オプションクロス代解説はこちら

諸費用 137万円

諸費用は合計 1,372,200円(税抜)でした

諸費用に関しては市街化調整区域・地目変更などなど各家庭によって状況が変わってくるかと思います。

  • 富士住建で建てるなら共通でかかる費用
  • その他諸費用

全員共通の部分と個人差の大きい部分に分けてご紹介します。が、実際ややこしいですよね…参考までにお願いします!

共通費用:造成工事費用 91.8万円

まずは富士住建で家を建てるなら共通してかかる金額を紹介します。

設計料344,000円
保証料74,100円
地盤調査70,000円
給排水工事430,000円
合計918,100円

もし凝ったデザインにするなら「特殊申請料」というのも追加されるのですが、我が家の間取りは何の変哲もない普通の間取りなので追加費用はかかりませんでした。

もし下水道が引き込まれていない土地だと浄化槽設置代金や、水道管延長費用などがウン百万単位で飛んでいきます。

諸費用 45.4万円

こちらは家を建てるにあたって行政に提出する書類関係等になります。

盛り土費用184,000円
上下水道申請料129,000円
登記費用79,300円
地目変更21,600円
地区計画申請26,800円
図面変更料13,400円
合計454,100円

最後の図面変更料なのですが、我が家は本図面確定後に10カ所以上修正したのでその分富士住建から手数料を取られました(笑)

ちなみに丸々書き直すと10万円くらいだそうです。

盛り土費用は外部の業者に依頼するので、料金の差が激しいかと思います。我が家も25万円で予算取りしていましたが、値引きしてくれたみたいです。感謝!

個人的には大満足の結果

ここまでの金額を再度まとめると以下の通りになります。

①建物代金17,135,025円
②オプション代2,217,432円
③諸費用1,372,200円
税込金額22,797,121円
①②③に消費税は含めない

コスパ最強!ともいわれる富士住建ですが、さて実際に金額を見てみての感想は…

がちゃぽん

やりたい放題やれてこの金額は満足だよ

ズバリ、大満足です!笑 具体的な満足ポイントをあげると

  • オープンキッチン(タカラ)
  • 1.5坪のお風呂
  • エアコン付き
  • 全居室カーテン付き
  • 無垢床

特にオープンキッチンは同価格帯のタマホーム・アイ工務店でも実現できない仕様です。

がちゃぽん

並みのHMだとオープンキッチンまではできても、フィオレストーンで力尽きるよ

標準仕様でこれだけの満足装備がついているので、ちょっと贅沢な仕様(エコカラットなど)も心置きなくできました。

友人が某大手HMで建てたのですが、1階のカーテン代だけで100万円かかったと言っていました。

我が家にはそんな予算がないので、富士住建にして本当に良かったなぁと思います。

ご覧いただいてありがとうございました!

「注文住宅を建てたいけどどうしていいかわからない…」

そんな方へ無料で使えるサービスをランキングにまとめました

\ 記事はこちら /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次